日本では扱っていない薬の購入

日本では扱っていない薬を購入したいという場合には、一定の条件を満たしているものであれば海外から輸入することが出来る場合があります。ただし、このような薬の場合、日本で購入することが出来る薬のように安全性や有効性が確立していない可能性もありますし、場合によっては偽物である可能性もありますので、注意が必要です。
海外の薬を購入するという場合、薬の説明はほとんどが英語でなされています。その英文を正しく理解し、薬を購入するというのは簡単なことではありません。
そこで、オススメなのが個人輸入代行業者を利用するという方法です。薬の説明も日本語で記載されているので、安心して購入することが出来ますし、面倒な手続きも必要なく、まるでネットショップを利用するかのような感覚で利用することが出来ます。
偽物を買わされるというリスクはゼロではありませんので、使用前には使用方法や副作用、他の薬との飲み合わせについてしっかりと確認しておくようにしましょう。
また、服用後体調に変化を感じた場合には、薬の使用を中止しすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。
個人輸入することが出来る薬の量については、2ヶ月分以内とのガイドラインが設けられているので、大量に購入する場合には注意が必要です。